スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧憬の路

先日の日曜日、竹原の「憧憬の路」を見に行きました (^^)

竹原の伝統的街並み保存地区が竹灯りでライトアップされるイベントです。

17時くらいに現地に着くとちょうど点火の様子をみることができます。

DSC_0803.jpg

↑地域住民が一本一本のろうそくに点火していきます。

DSC_0808.jpg

↑竹原の街並みと夕焼け

DSC_0810.jpg

↑街並み保存地区にスカイツリー現る!?

DSC_0830.jpg

↑竹灯りは日が沈むにつれ徐々に映えてきます。

DSC_0834.jpg

そして・・・

DSC_0841.jpg

「ようこそ竹原へ」

DSC_0844.jpg

↑キャンドルのやさしい光に心も体も温まる気がします (^^)

「憧憬の広場」には

DSC_0863.jpg

「かぐや姫」が出現します。

DSC_0839.jpg

とてもきれいです。

DSC_0855.jpg

↑「照蓮寺」も華麗にライトアップ!!
中ではライブイベントが行われていました。

DSC_0860.jpg

しかし、ここで・・・まさかのカメラ電池切れ。。。
がーんΣ( ̄ロ ̄lll)です。

もっともっと写真が撮りたかったのに・・・
というわけで早々に撤収しました。。

「憧憬の路」、聞いていた以上に良かったです!!
また、ぜひ行ってみたいと思いました。
今週末も一部のライトアップが行われるそうです。
良かったら足を運んでみてはいかがでしょうか??


↓いつもありがとうございます。
 励みになっています (^^)
スポンサーサイト

安芸の小京都 竹原 (照蓮寺~日の丸写真館)

本日も前回、前々回に引き続き「安芸の小京都」竹原の紹介です。

DSC_0617_20131021192327ab5.jpg

胡堂で分岐した道を右手に行くと、階段が現れます。

DSC_0622.jpg

階段を上った先が「照蓮寺」です。

DSC_0624.jpg

↑金堂の様子。金堂の右側には親鸞聖人の像があり、浄土真宗の寺であることがうかがえます。

さて、金堂をみて帰ろうとしたところ、Canon派の友人が住職(?)らしきおじさんに声をかけられました。

「君、ええカメラ持っとるなあ、Canonか?」
友人「CanonのEos Kiss~です」
住職(?)「そうか、ほな、わいがええ場所教えたるわ。ついて来い!」

(Saru山の脳内再生で方言がめちゃくちゃになっております。ご了承ください)

住職(?)「おい、ここから、屋根を見てみ。あの鬼がええんや」

DSC_0628.jpg

住職(?)「紅葉の時期になるとな。最高の眺めなんや」

という感じで住職(?)のお勧めの場所を教えてもらえました。Canon派の友人のおかげで・・・(^^)

この住職(?)お勧めの場所には庭園もあり、これもまた趣があってよかったです。(↓)

DSC_0629.jpg

緑色の水に映る岩が美しく見えます。

苔がきれいだったのでつい撮ってしまいました (^^)(↓)

DSC_0633.jpg

住職(?)、口は悪いけどすごくいい人でした。
この住職(?)のおかげで、竹原の秘かな見どころを見つけることができました。
よかったら探してみてください。
ヒントは「頭上注意!!」です (^^)

DSC_0638.jpg

↑金堂を真横から見る。なかなかかっこいいです。

製塩、酒造で栄えた町「竹原」には酒蔵も多くあります。
写真は「酒蔵交流館」(↓)

DSC_0645.jpg

少し前に紹介しました「杉玉」(酒林)が特徴的です。

竹原には昭和の面影を残す建物もいくらか残されています。

その代表がこちら

DSC_0655.jpg

「日の丸写真館」。旧字体の文字とすさんだ建物の色が昭和を感じさせます。

また、町を散策しているとこんな看板もありました。

DSC_0660.jpg

「ピントぴったりキドスカープ」。昭和っぽい看板です。
しかし、「キドスカープ」ってなんでしょうか?気になります・・・

以上、「安芸の小京都 竹原」について3回にわたって紹介しました。
竹原は昔ながらの町並みが残るどこか懐かしい町。
町並みだけでなく人もどこかあたたかい、いつかまた帰ってきたくなるような素敵な町でした!!

週末のイベント「憧憬の路」、台風が接近していますが無事に開催されることを切に願います (^^)

↓いつもありがとうございます (^^)

安芸の小京都 竹原 (西方寺~胡堂編)

本日も前回に引き続き、安芸の小京都「竹原」の紹介です。

前回写真を載せた石段を上ると見えてくるのが「西方寺」です。京都の苔寺は「西芳寺」でした。(漢字違いです)

DSC_0568.jpg

境内には立派な鐘があります(↓)

DSC_0576.jpg

さて、ここ西方寺で有名な建物がこちら(↓)

DSC_0578.jpg

「普明閣」です。ここに上ると竹原の町が一望できます。
京都「清水の舞台」を模して造られたとされており、雰囲気が似ている気がします (^^)

DSC_0584_20131021192252b7b.jpg

↑普明閣から微かに見える海。空に伸びる白いものは三井金属鉱業の煙突だそうです。

DSC_0594.jpg

↑汚いですが、もみじ。

普明閣を正面から見ると・・・

DSC_0595_20131021192255bb3.jpg

なんかかっこいいです (^^)

DSC_0597_201310211923082ac.jpg

↑金堂

DSC_0598.jpg

↑門から見下ろす竹原の街並み。なかなかの景色です!!

西方寺を出たら、また竹原の街並みを歩きます。

DSC_0604_201310211936545ea.jpg

↑今週末の「憧憬の路」では竹灯りが灯り、幻想的な風景が広がることでしょう。

DSC_0605.jpg

↑落ち着いた街並みを進みます。

DSC_0607.jpg

↑「憧憬の広場」は「憧憬の路」の時にどのように装飾されるのでしょうか?
竹が置かれ、イベントの準備がされていました。

道を突き進むと、突き当たるのがこちらの建物(↓)

DSC_0617_20131021192327ab5.jpg

もしかしたら見覚えのある方もいらっしゃるかもしれません。
胡堂といい、恵比須様をまつってあります。

大林宣彦監督の映画「時をかける少女」でおなじみのスポットですね。

以上、西方寺~胡堂の紹介でした。
次回は、同じく「安芸の小京都 竹原」の照蓮寺などの紹介をします!!

↓いつもありがとうございます。励みになります!!

安芸の小京都 竹原 (道の駅~町並み保存地区編)

本日は先週末に訪れた「安芸の小京都」で有名な「竹原」の紹介をします。

竹原は江戸時代後期に製塩、酒造で栄え、当時のの町並みがそのまま保存されています。
今回も1回では紹介しきれませんので、3回に分けて紹介していきます。

今回は「道の駅たけはら」に車を停め、そこから観光しました。

DSC_0529.jpg

↑「竹原」の道の駅に相応しい外観で、とてもおしゃれです。

内部には竹でできた鯉や竹細工の展示があったりしてとても面白いです。

DSC_0523.jpg

さて、この竹原、「たまゆら」というアニメのロケ地になったらしく、道の駅の反対側には大看板が展示してありました。

DSC_0519.jpg

さて、街並み保存地区の紹介に移ります。

DSC_0531.jpg

街並み保存地区の入り口にあるのが「旧笠井邸」(右側です)。明治5年建造の塩田経営者の家だそうです。

DSC_0532.jpg

↑「旧笠井邸」の前から街並み保存地区を見る。整備された石畳と白と茶の建物がきれいです。

入館無料なので「旧笠井邸」に入ります。

DSC_0534.jpg

↑庭園

DSC_0537.jpg

↑2階

DSC_0538.jpg

↑とても立派な梁です。奥の一段あがった座敷には偉い人が座っていたのでしょうか。

DSC_0539.jpg

↑2階の窓から見る街並み保存地区

DSC_0542.jpg

↑「たまゆら」スペースも

DSC_0563.jpg

↑「松坂邸住宅」は市の重要文化財指定であり、立派です。(今回は時間の関係上入らず)

しばらく歩くと見えてくるのが、石段と立派な門。(↓)

DSC_0568.jpg

「西芳寺」です。京都の「西芳寺」(苔寺)とは違います。

長くなりましたのでまた次回紹介します。

ところで、町中にもポスターの掲示がありましたが、来週末26、27日は「憧憬の道」(町並み保存地区の竹灯り点灯イベント)です。
リンク 竹原観光協会 

街並み保存地区が竹灯りで飾られます。
良かったら訪れてみてください (^^)
プロフィール

saru山

Author:saru山
京都、九州を中心に観光地の写真をアップしていきます。
時に海外もあり、たまにグルメの紹介もあり(^.^)

愛機はNikon D5200

更新日時
しばらくの間は週1更新で続けていきます。 管理人の都合により、更新のタイミングが変わることがあります。
Twitter
ブログ用アカウントつくりました! 更新状況、おススメ観光スポット等紹介していきます。
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 blogramによるブログ分析 ポチっとお願いします (^^)
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。