スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬場の山桜

前回は茶畑と大桜のコラボを紹介しましたので、今日紹介するのはこちら(↓)

DSC_0661.jpg

一面の菜の花畑!!
そこに現れる一本の巨大な桜

DSC_0662.jpg

佐賀県武雄市にある「馬場の山桜」と呼ばれる桜です。
樹齢は120年以上といわれ、武雄市の天然記念物です。

DSC_0669.jpg

↑遠目に見ても分かる黄色の段々畑と山桜。

DSC_0671.jpg

↑残念ながら桜はだいぶ散っていました。
満開だったらどんなにきれいなことでしょうか。

DSC_0673.jpg

DSC_0674.jpg

桜はもう散ってしまいましたが、菜の花はまだ見頃だと思います。

アクセスは車でないと厳しいでしょう。
駐車場はないので、路肩に縦列駐車する人が多いです。
場所はこちらのリンク先をご覧ください。

馬場の山桜

以上、佐賀県武雄市から菜の花と山桜のコラボ、「馬場の山桜」の紹介でした (^^)

↓いつも応援ありがとうございます。励みになります!!
スポンサーサイト

納戸料の百年桜

ここのところ急に寒くなり、強風が続き桜の時期もあっという間に終わってしまいました。。。

ですが、本ブログの方はもう少し桜の記事を書いていきたいと思います (^^)

さて、本日紹介する桜は茶畑の中にある巨大な桜!!
佐賀県嬉野市にある「納戸料の百年桜」の写真を載せます (^^)

DSC_0652.jpg

樹 齢100年、 樹 高 13mにもなる大桜です。
ヤマザクラ系統の八重桜です。

DSC_0649.jpg
DSC_0653.jpg
DSC_0656.jpg

天気が良い日は気持ちがいいです。
茶畑と桜が同じ景色に入るのはなかなかない風景で、落ち着きます。

DSC_0658.jpg

↑間近で見るとかなり大きい!!

見頃は過ぎましたが、もし訪れる場合の
アクセスは下のリンクをご参照ください。

納戸料の百年桜

以上、佐賀県嬉野市の納戸料の百年桜の紹介でした。

↓いつも応援ありがとうございます。励みになります!!

祐徳稲荷神社

今回紹介するのは、パワースポットで名高い、佐賀県鹿島市の「祐徳稲荷神社」です。

祐徳稲荷神社は京都の伏見稲荷大社などとともに三大稲荷神社に数えられるほど由緒ある神社で、九州では太宰府天満宮の次に参拝客が多いと言われています。

パワースポットとしては縁結び、勝守、金運などに効果があるとされています。

DSC_0031.jpg

訪れたのは9月です。少し時期外れの写真になりますが、ご了承ください。。

DSC_0037.jpg

狐といえば稲荷神社の神の使い、稲荷神社には必ず狐の像があります。さすが三大稲荷、立派な像です。

DSC_0038.jpg

↑山の中腹にある社殿が特徴的です。清水の舞台にどこか似てますね (^^)

DSC_0039.jpg

↑立派な楼門

DSC_0045_20131119202201b8f.jpg

↑神楽殿

DSC_0046_201311192022134bc.jpg

↑岩崎社は縁結びの神としてご利益があります。

階段を上り、中腹の拝殿を目指します!!

DSC_0052_201311192022171c5.jpg

↑拝殿の様子。朱色で鮮やかです (^^)

DSC_0050_20131119202214b73.jpg

↑拝殿からのながめ。今の時期に行けば紅葉していてまた違った景色が味わえそうです (^^)

DSC_0054.jpg

DSC_0056.jpg

↑稲荷神社っぽい多くの鳥居が立ち並ぶ景色です。
こちらは奥の院へ続く道。今回は夕暮れだったので行きませんでした。。(結構登るらしいです)

DSC_0060.jpg

↑眼鏡橋見つけました!!(強引ですが・・・)

DSC_0064_20131119202231804.jpg

↑石段を降りたところにある左馬は運気向上にいいそうです。

以上、佐賀県鹿島市の「祐徳稲荷神社」の紹介でした!!
パワースポットなどに興味のある方は一度訪れてみてはいかがでしょうか。

↓応援ありがとうございます!!

肥前浜宿 (浜庄津町浜金屋町)

本日は前回に引き続き肥前浜宿の紹介です。

まずは前回最後に紹介した「酒蔵通り」の旧乗田家邸宅の内部の紹介を。

DSC_0132_20131117154550b39.jpg

DSC_0133.jpg

↑内部は結構広く、鹿島藩に仕える旧武士がどれほど富を持っていたかが想像されます。

DSC_0136.jpg

↑違い棚もあり、立派です。

この旧乗田家邸宅、修復工事がされる前はぼろぼろだったそうです。
茅葺き屋根の住宅は手入れなどをしないとすぐ虫食いなどでぼろぼろになってしまいます。
このブログで何度も紹介しました、白川郷の合掌造りは江戸時代後期から続いており、いかに貴重なものかがうかがえます。

さて、話がそれましたが、ようやく茅葺き屋根が並ぶ港町の町並み保存地「浜庄津町浜金屋町」の紹介です。

「浜庄津町浜金屋町」は「酒蔵通り」のある 浜中町八本木宿から川を挟んで反対側の下流にあります。

DSC_0115.jpg

↑サギがいました (^^) (ちいさいですが・・・)

川の横を歩いているとふと現われる茅葺き屋根。「南舟津の街並み」です。

DSC_0100.jpg

DSC_0114_20131117154547f80.jpg

茅葺き屋根の集落が並ぶ不思議な光景です。

自由に中に入れる家もあります。

DSC_0109.jpg

↑「旧中島家」。昔ながらの土間がいいですね (^^)

DSC_0110.jpg

↑茅葺きの屋根はこのような感じです。合掌造りと同じく、柱の接着は紐でなされており、釘がつかわれていないようです。

DSC_0111.jpg
DSC_0112_20131117154546d0c.jpg

↑屋根裏の様子。茅葺き屋根を間近に見れます。

DSC_0097.jpg

このあたりにはたくさんの茅葺き屋根の住宅があり、実際に人がくらしているところもあります。
訪れてみるとどこか懐かしい気分になります (^^)

肥前浜宿はすぐ近くに違った種類の「重要伝統的建造物群保存地区」がある地域、こんなところは全国的にも珍しいと思います。
もし、近くに来る機会があればついでに訪れてみてください!!


↓いつも応援ありがとうございます。

肥前浜宿~酒蔵通り~

最近瀬戸内の紹介ばかりしてきましたので、本日は九州の佐賀県鹿島市から、「肥前浜宿」の紹介です。

このあたり一帯は江戸時代には長崎街道の脇街道 多良海道(多良往還)の宿場町として栄えたらしく (鹿島市観光ポータルサイト)、昔ながらの町並みが残ります。

この「肥前浜宿」には醸造町としての街並みを残す酒蔵通り一帯の「浜中町八本木宿」のほかに、港町としての街並みを残す茅葺き屋根集落の「浜庄津町浜金屋町」が川を挟んですぐちかくにあり、2つの違った街並み保存地区を楽しめます。

今回は「酒蔵通り」一帯の昔ながらの酒造りの街を紹介します。

DSC_0091.jpg

↑このように白壁土蔵の建物が並びます。

散策前にまずは腹ごしらえを (^ ^)
せっかくなら、土蔵の中で食事をしたいですね。
そんな望みをかなえてくれるのがこちら(↓)

DSC_0090_20131114191931ab2.jpg

「食の蔵 八本木」

ここで人気の定食が厚切りベーコンが魅力の「ベーコン定食」!!

DSC_0089.jpg

とてもおいしいです!値段もお手頃価格でまた来たいと思いました。

さて、ここ肥前浜宿は焼酎「魔界への誘い」や清酒「金波」で知られる光武酒造場の酒蔵があります。

DSC_0121_20131114191952bce.jpg

↑杉玉が飾られています。

DSC_0118_201311141919353fc.jpg

DSC_0092.jpg

↑呉竹酒造

DSC_0094.jpg

↑昔の魚市場です。中で競りが行われたそうです。

さて、酒蔵通りの端の方、水路をたどって行けば・・・

DSC_0130.jpg

DSC_0131.jpg

ふと現れる建物がこちら↓

DSC_0132.jpg

「旧乗田家邸宅」です。鹿島藩に仕えた旧武士の住まいだそうです。

そして、ここから酒蔵通りを反対方向に行き、橋を渡るとこのような茅葺き屋根の住宅が並ぶ地域があります。こちらがもう一つの町並み保存地区「浜庄津町浜金屋町」です。
次回に続きます。。。


↓いつも応援ありがとうございます (^ ^)
プロフィール

saru山

Author:saru山
京都、九州を中心に観光地の写真をアップしていきます。
時に海外もあり、たまにグルメの紹介もあり(^.^)

愛機はNikon D5200

更新日時
しばらくの間は週1更新で続けていきます。 管理人の都合により、更新のタイミングが変わることがあります。
Twitter
ブログ用アカウントつくりました! 更新状況、おススメ観光スポット等紹介していきます。
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 blogramによるブログ分析 ポチっとお願いします (^^)
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。