スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 嵐山 天龍寺

本日は先日訪れた京都嵐山の天龍寺の紹介です(^^)

天龍寺といえば、池泉回遊式の有名な庭園、雲龍図、達磨の絵が有名ですね。
室町幕府を開いた足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うため、1345年に創建したとされています。

DSC_0857.jpg

入ってすぐ入口にあるのが、達磨図、平田精耕老師の筆によるものだそうです。
世界遺産天龍寺公式HP)より)

DSC_0859.jpg

↑こちらが有名な池泉回遊式の曹源池庭園。曹源池に映る木々が美しいです。
左手に見える嵐山を借景した庭園でsaru山が京都で好きな庭園の一つです(^^)

DSC_0860_20140514230943c4d.jpg

↑方丈の間の雲龍の絵は昭和32年に物外道人が書いたもの。
有名な雲竜図は別物で特別拝観になります。土日祝日のみ。500円。

DSC_0862.jpg

↑ここにも達磨図が

方丈の拝観が終われば、次は庭園の散策を。(共通券:600円)

DSC_0869_201405142309463a6.jpg

DSC_0871.jpg

DSC_0872.jpg

↑池の中の島も苔が植えられていて渋い。手入れに相当手間をかけている感じが伝わってきます。

DSC_0874.jpg

↑手毬灌木という丸く白い花

DSC_0875.jpg

↑心が洗われます。

DSC_0877.jpg

↑北門から出ると有名な竹林の道が。テレビで良く目にしますね。

以上、簡単に嵐山天龍寺の紹介でした。京都嵐山といえば紅葉の時期が有名ですが、新緑の時期もいいものですね(^^)
人もそれほど多くなく、おすすめの時期です!
スポンサーサイト

嵐山法輪寺

嵐山を流れる「桂川」の西岸にある「怪しげ~な」絶景スポット(大悲閣千光寺)を以前紹介しました。

今回は同じく「桂川」の西側の山の方にあるお寺「法輪寺」を紹介します。

「法輪寺」は渡月橋を渡って「絶景」と書かれている怪しげ~な看板の誘惑にかられず、逆の方向に向かえば、案内が見えてきます。(渡月橋をわたって左手に歩きます)

少し上ったところに本殿はあります。
さて、この法輪寺、「虚空蔵法輪寺」といいまして、虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)をまつっています。
虚空蔵菩薩というのは「広大な宇宙のような智慧と慈悲を持った菩薩」であり、「頭が良くなる」効果がありそうな菩薩さまなのです。

PB201014.jpg

本殿の左には牛が、

PB201017.jpg

右には虎が居座り

PB201015.jpg

本殿を守っています。


PB201016.jpg

↑山羊でしょうか?なでたくなりますね (^^)

多宝塔です(↓)

PB201012.jpg

紅葉の時期はこうなります(↓)

F1000594.jpg

紅葉の赤、多宝塔の赤がマッチしていますね。
写真のサイズをブログ用に圧縮すると、安物コンデジの写真でもなんとかなってしまうからいいですね (^_^)

鐘もあります。

F1000595.jpg

朱色が鮮やかでいいですね (^^)

「法輪寺」の魅力はなんといっても広い「見晴らし台」を持つことなのです!!
高い所にあるので、嵐山一帯が見渡せます。

PB201020.jpg

秋はいいですよ(↓)

F1000591.jpg

上から見下ろす紅葉、最高ですね (^^)

こういうところで虹を見てみたいと思いませんか?

PB201024.jpg

少しわかりにくいですがね (・・。)ゞ

見晴らし台から本殿を撮った写真(↓)

PB201023.jpg

なんと法輪寺の社務所では、「虚空蔵菩薩のお姿の画像が入ったマイクロSDカード(2GB)」が売っているのです!!
ついつい買ってしましました。スマホや携帯の待ち受けを菩薩様にするとなんかよいことがありそうな気がしますね (^^)。 他力本願ってやつですが・・・
ここで菩薩様の画像をのせるのも罰当たりな気がするので、画像はあえて載せませんが、もし興味のある人は買ってみたらいかがでしょうか?

法輪寺には電気関係の祈願所「電電宮」もあります。(でんでんむしみたいですね(笑))

F1000585法輪時

写真は「電電塔」(でんでんとう)というらしいです。ブレブレで申し訳ありません。
安物コンデジの限界超えました(・・;)

以上、嵐山の「虚空蔵法輪寺」からでした。
嵐山に行ったついでに足を運んでみてください。
拝観無料で、境内は狭いですが見どころは多いのでお勧めです!!

最後に、訪問者数200を超えました。読んでくれる方がいると俄然やる気が出てきます。
これからもどんどん更新していくので、お楽しみに (^^)

京都の絶景?!

「絶景かな、絶景かな」という石川五右衛門のセリフで有名なのは「南禅寺」の山門ですが、今回はその話ではありませんm(-_-)m

嵐山の渡月橋を渡った少し先に「絶景」とか書いて行先を示してある「怪しげ~な」看板があります。
3年くらい前のことなのでまだあるか分かりませんが・・・
当時、友人を案内して嵐山に行ったときに偶然その看板を見つけたので、面白半分で行ってみました。

嵐山を流れる桂川の西岸の道を上流方面にずっと歩きます。

途中に神社がありました↓

DSCN0478.jpg

しばらく歩きます。神社から15分歩き、ようやく石碑が見えました!!

DSCN0479.jpg

怪しげな「絶景」の正体はどうやら「大悲閣」というらしいです (^^)

DSCN0480.jpg

少し雰囲気が出てきました。これから上り坂です。

5分ほど登りました。

DSCN0482.jpg

赤い布が謎ですね (^^)。闘牛でも始まるのでしょうか(笑)

少し歩くと鐘が見えてきました。
どうやらここが大悲閣のようです。

DSCN0483.jpg

それでは絶景を。。。

DSCN0485.jpg

なかなかの絶景ですね!!

しかし、まだ上に展望台があるようです。

ですが、階段を上って「しまった!!」と思いました。
これから先、拝観料がかかるのです(ノ゚ο゚)

実はこのお寺、千光寺と言って千手観音菩薩をまつったお寺なのです。山号を大悲閣山といい、別名を大悲閣といいます。

さて、ちゃんと拝観料を払ってから、展望台で見た「絶景」です(↓)。

DSCN0488.jpg

さっきの鐘のところでみたものと変わりませんね(^▽^;)

まあ、トロッコ列車が見られただけよしとしますか。。(↓)

DSCN0487.jpg

帰り道で見つけました (^^) (↓)

DSCN0490.jpg

こういうのついつい写真に撮ってしまいますね。

さて、「絶景」について言えば、鐘のところで満足して引き返せば、お金をとられず「絶景」を楽しめたわけです。
しかし、せっかくきて千手観音様にご挨拶をせずに帰るのも良くない気がしますし、まあトロッコ列車が見れてよかったのかなという感想です!!

もし良ければ「嵐山の絶景」、見てみてはどうでしょうか?

たまにはわび・さび

最近はもっぱら海外のことばかりでしたので、たまにはthe Japan、すなわち京都について触れます。

今の時期は桜の時期でしょうか。きっと八坂神社とか多くの花見客でにぎわっていると思います。

京都と言えば春の桜、秋の紅葉で有名ですが、京都に6年間住んでいた身としては、1月(正月を除く)、2月が意外とお勧めです。
もちろん、この時期は何もありません(桜も紅葉も)。しかも、すごく寒い!!

ですが、なんといったって「観光客が少ない!!」。
寺などをゆっくりめぐりたい人にとってはまさに「ベストシーズン」ではないでしょうか。

DSCN0145.jpg

上の写真、よくテレビCMなどで見かけると思います。嵯峨の「竹林の道」です。
混雑期には人が多くてこのような人が写らない写真を撮るのは結構難しいです(・・;)
竹は春も秋も冬もそこまで変わらないので、この時期でも十分きれいなのです。。

つづきまして、奥嵯峨の「祇王寺」からです。
有名な嵐山「天龍寺」から北西側の山の方にあります。
庭園の写真を載せます。

DSCN0149.jpg

紅葉の時期には苔の上に紅葉が落ち、真っ赤に染まります。
それも、もちろんきれいなんですが、この時期はこの時期でいいと思います。
枯れ木のおかげで苔の緑が映える気がしませんか?

苔のアップです。

DSCN0155.jpg

悪くはないと思います。
なんといっても人がすくないので、ゆっくりできるのがいいですよ。

最後に「祇王寺」のすぐ近くの「滝口寺」から。
タイトルに合うような「わび・さび」っぽい写真を探してみました(^^)

DSCN0169.jpg

かやぶきの屋根が「わび・さび」を感じさせますね(^^)
少し強引かもしれませんが・・・

今回は京都からでした。
休みが取れたらぜひ閑散期に京都にいってみてください。
また、新しい京都の魅力を発見できるかもしれません!!

後回しにしたペナン編続編や京都の別編はまたの時におおくりします!
プロフィール

saru山

Author:saru山
京都、九州を中心に観光地の写真をアップしていきます。
時に海外もあり、たまにグルメの紹介もあり(^.^)

愛機はNikon D5200

更新日時
しばらくの間は週1更新で続けていきます。 管理人の都合により、更新のタイミングが変わることがあります。
Twitter
ブログ用アカウントつくりました! 更新状況、おススメ観光スポット等紹介していきます。
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 blogramによるブログ分析 ポチっとお願いします (^^)
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。