スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾料理~青葉~

本日紹介するのは台湾料理の店、青葉。台北の繁華街「中山」というところにあります。


大きな地図で見る

IMG_0035.jpg

↑青いネオンが輝く怪しげな雰囲気ですが、創業45年の台湾料理の名店です。

写真は少ないのですが、料理の写真を何枚か載せます。

IMG_0031.jpg

↑白切雞(左)と燻雞(右)。鶏をゆでたものと燻製にしたものです。
骨付きでどっさりでてきます。
中華料理でもよくありますね。

そして

IMG_0032.jpg

紅燒排翅(フカヒレの姿煮)。頼んでしまいました(^.^)
お値段は。。思うほど高くなかったと思います。。(台湾にしては高めです)

そのほかにいろいろ頼んだのですが、写真は撮っていません(-_-;)
チャーハンはかなりの絶品でした!

最後に出てくるのが

IMG_0034.jpg

↑豆の入った甘いデザート。
冷製のぜんざいみたいなものでしょうか!?
さっぱりして美味しかったです。

以上、少しでしたが青葉という店から台湾料理の紹介でした!

詳しい店の紹介は下のリンク

旅々台北.com

青葉台湾料理
(注)外国のサイトです。

を参考にしてください。

↓いつも応援ありがとうございます。励みになります(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

台湾夜市の風景~士林夜市~

台北には22時を過ぎても、多くの人でにぎわう場所があります。

それが「夜市」というもの。その中でも大きなものが士林夜市です(^.^)

IMG_0104_20141020201400cc1.jpg

IMG_0102_201410202013596ae.jpg

Tシャツ屋や雑貨屋、お土産屋、スマホケース専門店など様々な店が並び、歩いているだけで楽しい気分になります。
Tシャツは3枚で1200円くらいで結構安い。(現地価格では高い?)。個性的なTシャツが多いですが・・・

そしてこちらが

IMG_0101_20141020201357ef4.jpg

エビ釣りの夜店。割りばしの先に糸と針がついており、針をえびのしっぽの部分に引っかけて釣り上げます。
糸が水にぬれると切れやすくなって結構難しいのです。。

自分で釣ったエビはその場で串刺し、塩焼きにしてくれ食べることができます。そこそこ美味しいです(^.^)

地下には飲食街があり、ここで飲み食いできます。

IMG_0099_201410202013560d1.jpg

台湾名物の柑橘系のジュース(手前)とタピオカのジュース(奥で入れている液体)。

台湾最後の夜を楽しむには夜市は最高です!

IMG_0105_20141020201402eaf.jpg

↑少し離れた路地裏でさえ、電飾が。。

以上、台北の士林夜市の風景の紹介でした。

↓いつも応援ありがとうございます。励みになります(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

台北で美味しい小龍包~ディンタイフォン(鼎泰豐)~

台湾で美味しいグルメといえば・・・
小龍包!!

今回は小龍包の有名な店、ディンタイフォン(鼎泰豐)台北101店を紹介します(^.^)

IMG_0124.jpg

IMG_0110.jpg

さすがは世界の10大レストランに選ばれた超人気店だけあって、昼食時にはこのありさま。。

IMG_0109.jpg

入店まで50分ほど待ちました(-_-;)

IMG_0118.jpg

↑店内はものすごく広い。きれいな雰囲気。

IMG_0116.jpg

↑厨房の様子もガラス越しに見えます。

注文したのはやっぱり小龍包。

IMG_0111.jpg

↑ノーマル小龍包。生姜を入れた皿に酢醤油と醤油をいれ、つけて頂きます。
そして皮を噛んだ時に出てくる汁の美味しいこと美味しいこと。
上海で食べた小龍包よりはるかに美味しく、絶品でした!

IMG_0112.jpg

↑えび小龍包。
6種類ものいろんな種類の小龍包があります。

IMG_0115.jpg

↑羽がしっかりついた餃子はいいですねぇ。

ほかにもたくさん頼んですが、なにしろどんどん出てくるのであまり写真撮れていません。。

そして、デザートには

IMG_0113.jpg

まさかの小龍包!
どんだけ小龍包で攻めるねん。。と突っ込みたくなるこだわりっぷり。
ちなみに甘いイモが入っていて甘くておいしいです。

以上、台湾の超人気レストラン、ディンタイフォン(鼎泰豐)台北101店の紹介でした。
ディンタイフォン(鼎泰豐)は実は日本にも進出していて、結構あちこちにあるそうです。博多阪急にもあるそうです。。
ですが、せっかくなら本場で食べてみたいですね!

↓いつも応援ありがとうございます。励みになります(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

台湾・金爪石~黄金博物館~

今回も引き続き台湾からです(^.^)

九份から金爪石行きのバスに乗り込み、わずか5~10分ほど山道をさらに登ります。
そこにあるのが、黄金博物館という金鉱山のテーマパークのようなもの。

IMG_0078_20141015225444b88.jpg

日本の統治時代の金鉱山の雰囲気を体感できる施設です。

途中に偉い人の昔の家とか見どころがありますが、目的はいちばん登ったところにある「黄金館」というところ。
ここでは金が触れる博物館があったり、有料ですが金鉱山に入ることができたりします。

IMG_0080.jpg

↑金を触るコーナーには行列ができます。220.3kgの大金塊です。

IMG_0084.jpg

↑金鉱山の方は日本でもよくあるような坑道の中に設けられた順路を歩いてまわるもの。
写真が少ないのでさらりと紹介しています。

そして、ここ黄金博物館にきてぜひ訪れたいのが、黄金館から戻ったところにある鉱夫食堂。

IMG_0086.jpg

ここで注文したのが

IMG_0087.jpg

↑これ。

IMG_0088_20141015232110c23.jpg

なんと弁当箱とお箸付きで日本円にして900円くらいなんです。
台湾の料理の値段としてはかなり割高ですが、弁当箱付きならお土産としてもいいのでお得な気もしますね(^^)

ちなみに

IMG_0131_20141015232453787.jpg

こんなのです。
料理の名前は分かりませんが、ご飯がパラパラして具もほどよい辛さでそこそこ美味しかったです。

鉱夫食堂目当てでここを訪れる人も多いみたいです(^.^)
九份を訪れた際は昼食に訪れるのもお勧めです!

以上、台湾から金爪石の紹介でした。

↓ブログランキングに参加しています。クリックいただけると大変励みになります(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

台湾 九份~その2 九份にある立派な寺院~

本日は前回の続きでジブリ映画「千と千尋の神隠しの舞台」と似ている町、台湾の九份の紹介です(^.^)

このレトロな雰囲気な町は台湾映画「悲情城市」の舞台にもなったそうです。
(千と千尋の方は実際には舞台ではないらしいですね。。)

IMG_0065.jpg

↑昔、金鉱があり栄えたことからこんな像も。(さらに上の「金瓜石」は有名な金鉱の街です。←後日紹介予定)

IMG_0066.jpg

↑下から見上げると赤ちょうちんの数もすさまじい!

さて、九份の町並みの散策を終えたら、九份バス停まで戻ります。バス停の下にあった寺院を見に行きます。

IMG_0068.jpg

IMG_0069.jpg

↑中は中国寺院らしいド派手な装飾!
金箔が贅沢に使われるのもさすがは金鉱で栄えた地域の証。

IMG_0071.jpg

中は細部までこだわった精巧な造り。

IMG_0073.jpg


↑目がちかちかします。

IMG_0074.jpg

IMG_0075.jpg

↑柱の彫刻も非常に手の込んだものです。

九份観光を終えたら、バスで金鉱山のある金瓜石へ向かいます。(つづく)

↓いつも応援ありがとうございます。励みになります(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

saru山

Author:saru山
京都、九州を中心に観光地の写真をアップしていきます。
時に海外もあり、たまにグルメの紹介もあり(^.^)

愛機はNikon D5200

更新日時
しばらくの間は週1更新で続けていきます。 管理人の都合により、更新のタイミングが変わることがあります。
Twitter
ブログ用アカウントつくりました! 更新状況、おススメ観光スポット等紹介していきます。
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 blogramによるブログ分析 ポチっとお願いします (^^)
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。