スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小江戸川越

日曜日に埼玉の川越市に行きました。

川越市は江戸時代川越藩の城下町として栄えた町で、今も「小江戸」と呼ばれ江戸時代当時の雰囲気が残されています。(カテゴリーは「小京都」の部類に入れましたが・・・)

DSC00096.jpg

↑このように昔ながらの街並みが残されています。
京都や金沢に何度も滞在した身にしては大したことない気もしてしまいますが。。。

しかしながら、途中に西洋風な建物があったり

DSC00097.jpg

(埼玉りそな銀行のビルのようです)

立派な鐘がついた建物があったりと

DSC00095.jpg

(「時の鐘」といって川越のシンボルのようです)

京都や金沢にない面白さがあります (^^)

ちなみに時の鐘の奥は

DSC00094.jpg

神社です。(お寺ではなく)ちょっと不思議です。

さて、せっかく来たので川越城の本丸まで行ってみました。

DSC00081.jpg

中に入る気など全くなかったのですが・・・
入館料がたったの100円!!!なので、とりあえず入ってみました。

なかなか立派な庭園があったり(↓)

DSC00067.jpg

雰囲気のある鴬張りの廊下(↓)や

DSC00069.jpg

詰所があったり(↓)
DSC00070.jpg

と意外と見どころあります (^^)

DSC00074.jpg

↑こういう日本っぽい庭良いですね。

DSC00073.jpg

↑「軒下と庭」、 ""the 和"" という感じです (^^)

このように川越城本丸御殿は全然期待していなかったわけですが、とても見ごたえがあり満足のものでした。
飛騨の「高山陣屋」をコンパクトにしたようなものと思ってもらえればいいと思います。

帰り際に川越城の「中の堀」を見つけました。

DSC00085.jpg

敵の城内への侵入を困難にしたそうです。
ふとしたところに名所が現れるのが京都っぽいです。

さて、帰ろうとしていたところに「祭り」がはじまりました!!

DSC_0217.jpg
DSC00101.jpg

この日はちょうど、「川越夏祭り」だったようです (^^)

そんなつもりではなかったのにいいもの見れました!!

帰り際に「カマナ」という店でインドカレーを食べました。
こういった店はあちこちで見るのですが、米とナンの両方出してくれる店ははじめてです。
ナスカレーとても美味しく、お腹いっぱいになり満足の一日でした。

小江戸川越は東京銀座から1時間少しで行けますし、一日で十分満喫できるお勧めスポットです。

最後に、報告遅れましたが訪問者2000を超えました。いつもありがとうございます (^^)
スポンサーサイト

鎌倉

東京出張中ということで・・・今日は「鎌倉」に行ってきました。

もちろん、目的は「大仏」です。「高徳院」というところにあります。

DSC00029.jpg

像の高さは11.39 m、創建年は不明だそうです。奈良の大仏が14.7m なのでそれに比べると少し小さいという印象です。

DSC00027.jpg
DSC00028.jpg

↑大仏の背後にもいけます。20円払うと中にも入れます。

DSC00031.jpg

↑大仏の中、天井を撮っています。上の丸い穴が大仏の頭です (^^) とても蒸し暑かった。。

さて、この高徳院、大仏以外にはあまり見どころはありません。あとはこちらくらい。。。(↓)

DSC00032.jpg

お次はすぐ近くの「長谷寺」に向かいました。
奈良時代創建とされる非常に古いお寺で「長谷観音」と呼ばれる十一面観音菩薩が安置されていることで有名です。

DSC00033.jpg

↑入ってすぐにある池です。ハス浮かび、極楽浄土を再現しているのでしょうか。

DSC00037.jpg

↑その名も「まんじ池」、まんじの形をした池です。

少し上ったら「長谷観音」を安置する観音堂があります。

DSC00041.jpg

↑大きく立派な建物です。

DSC00043.jpg

↑鐘もあります。

さて、観音堂のある近くには展望所があり、鎌倉の海が見渡せます。

DSC00040.jpg

↑ヨットや色とりどりのウインドサーフィンが浮かびます。(写真では見えにくいですが・・・)
さすが、ヨットのメッカ江の島が近いだけあります。

寺の境内に洞窟がありました(↓)。。。

DSC00047.jpg

なかは結構広く、最奥部には・・・

DSC00050.jpg

石仏が安置しています。

このように「長谷寺」はかなり見ごたえがありました。

最後に源氏の氏神様「鶴岡八幡宮」に向かいます。

DSC00057.jpg

以前来たことがありますが、いつ来ても人が多いです。。

DSC00059.jpg

DSC00061.jpg

さて、ここに来た目的は・・・

DSC_0214.jpg

「鳩みくじ」のおまけでついてくる鳩お守りです。
以前財布につけていたものが、擦れて切れそうなので・・・・

200円なのでお得(?)です。

以上、鎌倉からでした。
「長谷寺」は思ったより見どころがあり、お勧めです (^^)

「大仏」「長谷寺」までは鎌倉駅からバスか、江ノ電で行けます。
「鶴岡八幡宮」までは鎌倉駅から徒歩10分ほどです。

東京

出張で東京に来ています。

前から気になっていた「大江戸温泉物語」に行ってみました。

DSC00013.jpg

入口で浴衣をもらい、中の更衣室で浴衣に着替えます。
皆、帯の結び方が分からなくて、横目できょろきょろ見るのが面白いです (^^)(自分もですが・・・)

中に入ると縁日の再現みたいなつくりになっています。

DSC00014.jpg

DSC00015.jpg

出店があったりしてなかなか面白いです。

肝心の温泉はというと。

浴場はとても広く、かなり多くの浴槽があります。
スーパー銭湯にあるようないろいろなお湯(薬湯)がある感じではなく、温度の違う湯や深さや形の違う浴槽がいくつかあるような感じです。
浮世絵を眺めながら入る風呂もなかなかです (^^)

露天風呂の休憩スペースはなかなか広く、ゆっくりできます。

また、風呂上がりの休憩所は最高です。
一人ひとりのスペースにテレビの付いた長椅子で寝そべって休憩できます。
ネットカフェのリラクゼーションスペースさながらです。
動きたくなくなりますね (^^)

DSC00016.jpg

値段は高いですが、一度行ってみる価値はありますよ。夜行くとナイター料金で少しお得です。

さて、帰り際に銀座を歩いていると・・・

DSC_0209.jpg

盆踊りをやっていました。こっちは本物ですね。

秋葉原にいったり(↓)

DSC_0207.jpg

築地で海鮮丼食べたり(↓)

海鮮丼


東京満喫中です (^^)

週末は鎌倉でも行こうかとたくらみ中です。

以上、東京からでした。
「大江戸温泉物語」面白いので一度いってみるのも良いかと思います。

KUMAMOTO

今週は仕事が多忙だったので更新が遅れましたm(-_-)m

先週末は天草に行った後、熊本に行きました。

熊本の観光名所といえば・・・やはり「熊本城」でしょう。

秀吉子飼いの将として知られる「加藤清正」が改修した城として有名で、「名古屋城」、「大阪城」と並び「日本3名城」の城とされています。

城内に入って、まず驚くのはその立派な「石垣」です。

P7151966.jpg

熊本城は天守閣にたどり着くまでにコースがいくつかあり、今回は石垣をめぐるコースを選びました。

石垣に囲まれた階段を上り、しばらく歩くと天守閣みたいな建物が見えてきます。

P7151969.jpg

↑実は天守閣ではなく天守閣の向かいにある「宇土櫓」という建物です。
この熊本城の石垣、一見してあまり険しくなく、登れそうに見えますが上の方が垂直に反り返っていて実際に何も使わず登るのは不可能だそうです。
そのため、「武者返しの石垣」と呼ばれたそうです。

もう少し上るとついに天守閣が姿を現します。

P7151975.jpg

熊本城の天守は2つあり、右の大きな方を「大天守」、左の小さな方を「小天守」といいます。



天守の近くには井戸がありました。清正が掘った井戸だそうです。

P7151986.jpg

「清正の井戸」といえば「明治神宮」のものがパワースポットとして有名ですが、熊本城のものはあまりパワースポットっぽい感じはしません・・・

P7151976.jpg

↑天守閣の向かい側にあるのが先ほど見えていた「宇土櫓」です。
まずはこちらからのぼります。

急な階段を何個か上ると最上階に着きます。結構大変です。

P7151983.jpg

↑宇土櫓から見る天守閣

裏手に回り、天守閣入口に向かいます。

P7151988.jpg

P7151989.jpg

↑反対側から見る天守閣です。こちらが正面でしょうか。

まずは小天守に登ります。階段は整備されており宇土櫓より登るのは楽です。

P7151991.jpg

↑小天守より眺める大天守

次は大天守に登ります。

P7151993.jpg

↑大天守から見下ろす小天守。昔の殿様気分です (^^)

大天守からの景色を(↓)

P7151994.jpg
P7151996.jpg

以上熊本城でした。

P7151957.jpg

↑熊本城の入り口近くにある「熊本城稲荷神社」。智慧の輪くぐりや巫女の衣装の写真看板などがあり楽しいです。おみくじ大吉だったので気分上々↑

市内の写真を少し(↓)

P7152005.jpg
P7151954.jpg

熊本市内のアーケード街はなかなかおしゃれな服屋などがあり、あまりお金を使わないと決めていたにも関わらず買ってしまいました。熊本市内は福岡に負けず劣らず活気ある街です (^^)

最後に、熊本市の隣の市「合志市」(こうしし)というところで美味しい「馬丼」が食べられると聞いたので行ってみました。

九州のローカル番組「ドォーモ」でつい最近放送された店です。「味の屋台村」というところにあります。
ド田舎です。

P7152011.jpg

P7152007.jpg

↑馬丼が450円という安価で食べられます。

P7152008.jpg

↑これで450円とは信じられません。

馬丼ははじめて食べましたが、肉は意外とやわらかくてとても美味しいです!!

以上、熊本からでした。1泊2日で行きましたが、熊本を満喫するには一泊では足りません。
また、行きたいと思いました (^^)

海の写真~天草~

昨日、今日で「天草」と「熊本市内」の観光に行ってきました。

本日は「海の写真」シリーズとして「天草」の写真を紹介します。

DSC_0197.jpg

多くの島々が浮かぶ風光明媚な景色です。天草五橋も見えます。
この写真は「高舞登山展望所」という上天草にある展望所から撮った写真です。

P7141936.jpg

DSC_0194.jpg

DSC_0195.jpg

もっと天気が良かったらと少し残念な気持ちです・・・

実は天草を訪れたのは景色以外にもう一つ目的がありました。。

・・・「タコ天丼」です!!

上天草の「道の駅有明リップルランド」というところで食べられます。

DSC_0189.jpg

タコはとてもやわらかく、ボリュームもあり大満足のタコ丼です。
来た甲斐がありました (^^)

DSC_0191.jpg

↑近くの海です。すぐ近くに海水浴場があります。

さて、天草へは熊本県宇城市の三角(みすみ)から橋を渡って行きますが、少し「三角」の写真も紹介しておきます。

P7141926.jpg

三角(みすみ)港です。

P7141927.jpg

↑「海のピラミッド」と称される展望所があります。

P7141928.jpg

↑「三角駅」です。おしゃれな形をした駅舎です。

以上、「天草」から「海の写真」でした。
今回は、夏まつりとかぶってしまった関係でものすごい渋滞に巻き込まれましたが、次はゆっくり訪れたいと思います。

本日は「呉」の「大和ミュージアム」からです。

こちらでは呉が生んだ世界最大の戦艦「大和」の10分の1の模型が展示され、展示の目玉となっています。

DSC_0043.jpg

10分の1戦艦大和は入館後すぐのところにあります。26.3m もありとても大きいです。
間近で船の周りを見ることができます。

DSC_0044.jpg

↑正面から

DSC_0045.jpg

DSC_0046.jpg

↑細かいところまで精巧につくられています。

DSC_0051.jpg

↑上から見ることもできます。

戦艦大和以外にも「ゼロ戦」や潜水艦の展示などがあります。

DSC_0049.jpg

DSC_0050.jpg

大和ミュージアムの向かいには海自の資料館、通称「てつのくじら館」があります。
入館無料なので「大和ミュージアム」のついでに立ち寄れます。

DSC_0052.jpg

資料館を見た後、実際に潜水艦あきしおの内部に入れます。
コックピットなどを見ることができます。

以上、呉の「大和ミュージアム」からでした。大和ミュージアムは入館料500円(大人)です。
興味のある方は是非いってみてください。

明日から一泊で熊本観光に行ってきます。「天草」など行きますので、海の写真をたくさん撮ってきます (^^)

正伝寺

本日は久しぶりに京都からです。

今日紹介するのは京都北山の「正伝寺」です。

正伝寺はガイド本とかに大々的に取り上げられることは少なく、訪れる客も比較的少なく穴場的なスポットです。

山門です。(↓)

DSCN0197.jpg

正伝寺の庭園は意外と有名な気がします。本などでもしかしたら目にしたこともあるかもしれません。

庭園入口です。

DSCN0207.jpg

こちらが庭園です。(↓)

DSCN0201.jpg

小堀遠州の作で江戸時代初期のものだそうです。
比叡山を借景しています。
京都の庭園でこれほど「つつじ」が主張しているのは珍しい気がします。
枯山水庭園ですが、「岩」を全く使っていないのも珍しいそうです。

DSCN0205.jpg

訪れた季節は冬です。枯れ木がちらほら見えます。

DSCN0204.jpg

ここのもう一つの見どころは「血天井」です。残念ながら写真は撮っていませんが・・・
伏見城の床を天井に移築したそうです。
分かりにくいですがね・・・

以上、「正伝寺」からでした。
見どころはそこまで多くないですが、庭園は一度は見ておきたいものです。
市バス「神光院前」から徒歩15分ほどで行けます。
ついでがあれば、行ってみてください。

夜景select

本日は夜景の写真をつらつらと紹介していきます。

既出の写真もありますが、ご了承くださいm(-_-)m

まずは、日本が誇る大都市東京の夜景です。

DSC_0104.jpg

有明ベイワシントンホテルから東京ビッグサイト方面を撮ったものです。
東京の空は夜でも明るいです。

お次が韓国の誇る大都市「ソウル」市街の夜景です。

P3061273.jpg

「Nソウルタワー」のふもとから撮っています。
空がどんよりしているのは大都市ならではでしょうか。

お次はマレーシア「ペナン島」の南西部、ブキットジャンブルという地区の夜景です。

P9210325.jpg

ペナンはマレーシアの中でもかなり栄えている州なのでこのように近代的な建物がたくさんあります。
中心部のジョージタウンはもっともっと栄えています。

お次は九州の中心部、福岡から中洲の夜景です。少し前に紹介したので記憶にある方もいらっしゃるかもしれません。

P5030820.jpg

そして、有名な「100万ドルの夜景」、「函館山」からです。

P5011507.jpg

聞いていた以上に素晴らしい景色です。とてつもなく寒かった思い出が濃いですがね・・・

最後に紹介するのが、日本の誇る古都「京都」の夜景です。写真がぶれているのが残念ですが・・・

DSCN0679.jpg

「高台寺」の鐘のところからの撮影です。
これまで紹介したような近代的な建物の夜景もいいですが、こういった「純日本的な」夜景こそが日本人の心にしみる気がしますね。写真はイマイチですが、本物を見たらそう感じます (^^)

以上、「夜景の写真」でした。安物コンデジできれいな夜景を撮るのはなかなか困難ですが、根気よく撮り続けていきたいです。
アクセス数1500を超えました。ありがとうございます (^^) これからもよろしくお願いします。

海の写真~瀬戸内編~

本日は「海の写真」シリーズです。

特に今日は風光明媚な景色で名高い「瀬戸内」の海の写真を掲載します。
使いまわしの写真も出てきますが、ご了承ください。

まずは、大分県国東半島にある国見から眺める海の写真を(↓)

P7080973.jpg

天気が良いと空の色を映して海が青々とします。

お次は、源平の戦いのうち「屋島の戦い」として有名な香川県の「屋島」の山頂から

P6090964.jpg

↑「これぞ瀬戸内」といった。島々が浮かぶ風光明媚な景色があります。
もっと天気が良かったら・・・

P8120980.jpg

↑「別府」から「宇和島」へ向かうフェリーで撮った海の写真

P8131008.jpg

↑宇和島城から眺める瀬戸内の海

P5121733.jpg

↑大分杵築の杵築城から眺める干潟と瀬戸内の豊後海。

お次は日本三景のこちら(既出です)

DSC_0064.jpg

↑広島県宮島の弥山から望む瀬戸内海の絶景!!最高です。

そして最後に「日本のエーゲ海」として知られる、瀬戸内の風光明媚な景色の代表格(↓)

DSCN0638.jpg

岡山県の「牛窓」です。海と空の青、ヨットと雲の白、そして島を覆う木々の緑の三色が美しいです (^^)

以上「海の写真」 from 瀬戸内でした。海は天候によって様々な顔を見せます。
そういった海の表情を撮り続けていきたいです。
プロフィール

saru山

Author:saru山
京都、九州を中心に観光地の写真をアップしていきます。
時に海外もあり、たまにグルメの紹介もあり(^.^)

愛機はNikon D5200

更新日時
しばらくの間は週1更新で続けていきます。 管理人の都合により、更新のタイミングが変わることがあります。
Twitter
ブログ用アカウントつくりました! 更新状況、おススメ観光スポット等紹介していきます。
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 blogramによるブログ分析 ポチっとお願いします (^^)
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。