スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男山 石清水八幡宮~上院~

出張が続き、ブログの更新や訪問返しをお休みしておりました。
いつも訪問して頂いている方にはご心配等をおかけし、大変失礼しました。。

さて、本日は少し前に下院を紹介しました京都府八幡市の石清水八幡宮の上院を紹介します。

石清水八幡宮は860年に大分県宇佐市の八幡宮総本社の宇佐神宮から勧請されたもので、非常に歴史・由緒のある神社です。

DSC_0431_20140427161925be5.jpg

鎌倉時代に書かれた兼好法師の有名な作品「徒然草」にも「仁和寺にある法師」として出てきます。
今回紹介するのは仁和寺の法師が訪れなかった上院の紹介です。

上の写真の「二の鳥居」をくぐり、参道を登って行きます。
3月末なので桜がちらほら。。

DSC_0432_20140427161927142.jpg

↑小さな滝があ~り

DSC_0437.jpg

↑10分ほど登ると着くのが男山中腹の「石清水社」。
霊泉「石清水」を祀る社で「石清水八幡宮」の名の由来となった社殿です。昔は山寺だったとか・・

DSC_0439_20140427161929251.jpg

↑現在でも石清水は祭礼などに使われるというので驚きです!!

DSC_0441_2014042716193113f.jpg

さらに10分ほど登ると

DSC_0442.jpg

ようやく着きます。

DSC_0446_20140427161945f33.jpg

↑八幡宮らしい朱色の拝殿。

DSC_0443.jpg
DSC_0444.jpg

↑境内は由緒ある神社らしい厳かな雰囲気です。

DSC_0445.jpg

↑拝殿を横から。苔むした屋根が渋いです。。

山上の本殿までは大体徒歩20分ほどです。
142mの山なので軽いハイキング気分で行けます。入山も無料ですし。。
ケーブルもありますが、徒歩をお勧めします (^^)

*管理者の仕事の都合やネタ不足の為、今後も更新が不定期になりそうです。
ご迷惑をかけますが、ご了承ください。

↓いつも訪問や応援ありがとうございます。励みになります!!
スポンサーサイト

上醍醐~その2~

本日は京都の醍醐寺の上院「上醍醐」の続きです。

前回紹介した「醍醐水」から醍醐山の山頂を目指します。

DSC_0569.jpg

↑開けた場所にある小さな祠を通り過ぎ、階段を上ります。

DSC_0570.jpg

↑途中にある「薬師堂」(国宝)。現存するものは1121年に建てられたものです。

DSC_0574_20140417220314a15.jpg

↑「五大堂」は理源大師聖宝が開いた国家鎮護の祈念道場。現在の物は1940年に再建したものです。
 堂の前には理源大師像が飾られます。

DSC_0573.jpg

DSC_0576_201404172203165f3.jpg

↑さらに登ります。

DSC_0579.jpg

↑醍醐水から15分ほど。ようやくたどり着いた醍醐山頂。標高は450mです。

醍醐山頂にあるメインの建物が

DSC_0581.jpg

慶長11年(1606年)に豊臣秀頼が再建した「如意輪堂」(重要文化財)。
「清水の舞台」と同じような造りです。

そして、もう一つのメインの建物が

DSC_0585.jpg

↑「開山堂」。こちらも1606年に秀吉の息子、秀頼が再建したもの。重要文化財指定です。
醍醐寺は豊臣一族がどうしても守りたかったお寺のようで、秀吉が醍醐の花見を開いたことや秀吉や秀頼が建てた建物が多くあること、豊臣家の桐の紋が至る所にあることからそれがうかがえます (^^)

醍醐山頂からの景色がこちら(↓)

DSC_0583.jpg

京都、伏見区の町並みが見渡せます。ベンチもあるのでここで昼食をとるのもお勧め!!

以上、「上醍醐」の紹介でした。
上醍醐まで行くのはかなり時間がかかりますが、西国三十三ヶ所霊場の中でも最難所と言われる場所、達成感はありますよ (^^)

一度は行ってみるのもお勧めです!!

↓いつも応援ありがとうございます。励みになります!!

醍醐を制覇~上醍醐 その1~

桜の季節もあっという間に終わってしまい、本日よりいつも通りの観光地紹介です (^^)

本日紹介するのは、先日花見で訪れた京都の「醍醐寺」。前回は醍醐山(標高450m)の山麓にある「下醍醐」を紹介しましたが、今回は山上にある「上醍醐」の紹介です!!

DSC_0553.jpg

下醍醐の奥の出口から出て、鳥居をくぐると「上醍醐」の入り口があります。
入山料600円を支払います。

DSC_0554.jpg

↑このような道をひたすら登ります。

DSC_0555_201404142105163c9.jpg

↑秀吉が櫓を組んで醍醐の花見を行った檜山も途中にあります。

DSC_0558.jpg

↑山道は途中で石段に変わり、ひたすら上ります。

DSC_0559.jpg

↑不動の滝は中間地点。ここまで40分ほどです。

DSC_0561.jpg

↑崖に向かって立つ鳥居。

DSC_0562.jpg

DSC_0567.jpg

↑有名な醍醐水までは50分ほど。
醍醐水は醍醐寺の開祖、理源大師が地主神(横尾明神)がこの水を飲み「ああ醍醐味なるかな」と言って姿を消したのをみて、醍醐水と名付けられたとされます。
また、醍醐寺の名の由来もここから来ています。

DSC_0588_20140414212148bbf.jpg

蛇口から醍醐水が出てきて、自由に飲むことができます。
かすかな甘みがありおいしい味です。
ここで小休止です。

DSC_0568_201404142121017ab.jpg

↑かすかに梅の花も。

次回へ続きます。。。

↓いつも応援ありがとうございます。励みになります!!

馬場の山桜

前回は茶畑と大桜のコラボを紹介しましたので、今日紹介するのはこちら(↓)

DSC_0661.jpg

一面の菜の花畑!!
そこに現れる一本の巨大な桜

DSC_0662.jpg

佐賀県武雄市にある「馬場の山桜」と呼ばれる桜です。
樹齢は120年以上といわれ、武雄市の天然記念物です。

DSC_0669.jpg

↑遠目に見ても分かる黄色の段々畑と山桜。

DSC_0671.jpg

↑残念ながら桜はだいぶ散っていました。
満開だったらどんなにきれいなことでしょうか。

DSC_0673.jpg

DSC_0674.jpg

桜はもう散ってしまいましたが、菜の花はまだ見頃だと思います。

アクセスは車でないと厳しいでしょう。
駐車場はないので、路肩に縦列駐車する人が多いです。
場所はこちらのリンク先をご覧ください。

馬場の山桜

以上、佐賀県武雄市から菜の花と山桜のコラボ、「馬場の山桜」の紹介でした (^^)

↓いつも応援ありがとうございます。励みになります!!

納戸料の百年桜

ここのところ急に寒くなり、強風が続き桜の時期もあっという間に終わってしまいました。。。

ですが、本ブログの方はもう少し桜の記事を書いていきたいと思います (^^)

さて、本日紹介する桜は茶畑の中にある巨大な桜!!
佐賀県嬉野市にある「納戸料の百年桜」の写真を載せます (^^)

DSC_0652.jpg

樹 齢100年、 樹 高 13mにもなる大桜です。
ヤマザクラ系統の八重桜です。

DSC_0649.jpg
DSC_0653.jpg
DSC_0656.jpg

天気が良い日は気持ちがいいです。
茶畑と桜が同じ景色に入るのはなかなかない風景で、落ち着きます。

DSC_0658.jpg

↑間近で見るとかなり大きい!!

見頃は過ぎましたが、もし訪れる場合の
アクセスは下のリンクをご参照ください。

納戸料の百年桜

以上、佐賀県嬉野市の納戸料の百年桜の紹介でした。

↓いつも応援ありがとうございます。励みになります!!

醍醐で花見~三宝院のしだれ桜~

本日も前回、前々回に引き続き、京都の桜の名所「醍醐寺」紹介です。

今回するのは醍醐寺の三宝院、総門をくぐってすぐ左手にある建物です。

こちらにも有名なしだれ桜があります。

DSC_0606_201404061400494d5.jpg

DSC_0591.jpg

↑「土牛の桜」と呼ばれる、樹齢150年を超える大しだれ桜!!
こちらは日本画家 奥村土牛が作品『醍醐』で描いた桜のモデルとなった木として知られ、画家の名前をとって土牛の桜と呼ばれます。

また太閤秀吉が「醍醐の花見」を行った時の桜の子孫とも言われています。

DSC_0592.jpg
DSC_0602.jpg

DSC_0598_201404061359238f0.jpg

DSC_0603.jpg

↑白い花とセットで。名前はよく知りませんが、こちらもきれいです (^^)

DSC_0594_20140406135922da6.jpg

↑豊臣秀吉が使った桐の家紋は醍醐寺のいたるところにみられます。桐の紋をバックに桜の花。

DSC_0609.jpg

↑三宝院境内入口付近にある小さな桜は「クローン桜」と呼ばれ、先ほどの「土牛の桜」のクローンです。住友林業が作って寄贈したものです。

まだ小さいですが、立派に育って親木のような美しい姿になってほしいです。
こうやって天下人秀吉が見た桜が未来へと受け継がれていくのはうれしいことですね (^^)

DSC_0589.jpg

↑最後に国宝の三宝院唐門。

以上、「醍醐で花見」三回に分けて紹介しました。

上醍醐の紹介はいずれしたいと思います。

ここ数日の荒天で桜の見ごろはほぼ過ぎましたが、もうしばらく桜シリーズの紹介をします。

↓いつも応援ありがとうございます。励みになります!!

醍醐で花見~豊臣秀吉が愛した風景~

今回も前回に引き続き先日訪れた京都、醍醐寺の紹介です!

醍醐寺といえば、天下人豊臣秀吉が諸大名を集め、「醍醐の花見」を開いた場所。
今回はその秀吉もきっと見たと思われる、醍醐寺の下院「下醍醐」の紹介です。

DSC_0510.jpg

↑西大門の前は桜のトンネルのようです。

DSC_0513.jpg

↑ピンク色のしだれ桜がきれいです (^^)

DSC_0522.jpg

↑拝殿や本殿の近くにある立派なしだれ桜。

DSC_0532_201404042007059bb.jpg

↑醍醐寺といえば951年建立の国宝の五重塔!!桜とセットで。
きっと太閤秀吉もこの景色をみたことでしょう。

DSC_0535.jpg

↑金堂のとなりにあるしだれ桜も立派!!

DSC_0538_201404042007159c3.jpg

↑金堂(国宝)は豊臣秀吉が紀州湯浅から移築させたものだそうです。
となると秀吉もこの景色はぜったい見ているはず!
薬師如来坐像を祀っており、これが醍醐寺の本尊です。

DSC_0541.jpg

↑鐘楼

DSC_0544.jpg

↑庭園。
奥に見える赤い建物は弁財天を祀る弁天堂で、昭和五年に建てられたもの。残念ながら秀吉がみた景色とは違うようです。
桜の時期もいいですが、紅葉の名所として知られ、紅葉の時期も訪れたい場所です (^^)

DSC_0549.jpg

↑水にうつる桜の木もまたいいです(*^-^)

さて、この先には上醍醐へと続く、門があるのですが。。。
実は今回、saru山は上醍醐をついに制覇しました。
上醍醐ネタは桜の時期が終わってからゆっくり紹介します (^^)


↓いつも応援ありがとうございます。温かい拍手やコメント等、大変励みになります!!

醍醐で花見 ~醍醐寺霊宝館のさくら・さくら・さくら~

本日も週末の京都観光の続き、実は今回京都を訪れた最大の目的は醍醐寺に行くことでした (^^)

以前、軽く紹介しましたが醍醐寺はかの天下人秀吉が諸大名を集め、大規模な花見の宴を開いた(醍醐の花見)ことで知られています。
昔から桜の名所として知られているところです!!

今回は醍醐寺の中でも特に桜がきれいな醍醐寺霊宝館の桜の写真を載せていきます!

DSC_0612.jpg

↑立派なしだれ桜はほぼ満開です。

DSC_0621.jpg

↑四方八方に枝を広げ、まるで桜の傘の下にいるかのよう。

DSC_0626_20140402204151eec.jpg

↑ちょっとアップで。ほのかのピンク色がきれいです。

DSC_0628_20140402204154f9a.jpg

別の桜を

DSC_0630.jpg

↑おなじみソメイヨシノ。白色がまたいいですね。

DSC_0631.jpg

↑いろいろな種類の桜が植えられています。少しピンクが強めのしだれ桜。まだつぼみも多いです。
醍醐寺は早咲きの河津桜をはじめ、ソメイヨシノやしだれ桜、八重桜など様々な種類の桜があり、長い期間桜を楽しめるようになっているのです(^^)
まさに「桜のお寺」というべきですね。

そして霊宝館の主役の桜が

DSC_0640.jpg

↑こちらの大しだれ桜!!樹齢約180年といわれる大樹です。

後ろにも立派な桜が

DSC_0641.jpg

DSC_0645_2014040220421819b.jpg

↑こちらは樹齢約100年のソメイヨシノ!!大しだれ桜に気を取られがちですが、こちらもまたいいですね (^^)

以上、京都醍醐寺霊宝館から桜の写真でした!!

次回も醍醐寺の桜の写真を紹介します。

アクセス:京都駅からJR湖西線あるいは琵琶湖線で山科駅乗り換え。山科駅より地下鉄東西線乗り換え、六地蔵方面「醍醐駅」下車。徒歩約10分。

あるいは京都駅八条口近くホテル京阪前の京阪バス乗り場から山科急行「醍醐寺」下車。

休日はバスは混むので電車がおススメです。

↓いつも応援ありがとうございます。励みになります!!
プロフィール

saru山

Author:saru山
京都、九州を中心に観光地の写真をアップしていきます。
時に海外もあり、たまにグルメの紹介もあり(^.^)

愛機はNikon D5200

更新日時
しばらくの間は週1更新で続けていきます。 管理人の都合により、更新のタイミングが変わることがあります。
Twitter
ブログ用アカウントつくりました! 更新状況、おススメ観光スポット等紹介していきます。
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 blogramによるブログ分析 ポチっとお願いします (^^)
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。