スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良いお年を

多くの会社で仕事納めも終わり、年越しの準備で忙しい時期になりました。

このブログの更新も今年で最後にさせていただきます!

本年度、訪問、コメント、拍手等いただいた方、本当にありがとうございました(^.^)

来年度はよりいっそう充実した記事が書けるよう邁進していきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします!

DSC_0699.jpg

写真は広島県呉市の下浦刈島から。

今年の年末は寒くなるようなので、体調を崩さぬようお過ごしください。
それでは良いお年を!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

名勝耶馬渓~仙の岩~

宇佐市の県道50号線沿い、思わず車を停めたくなるほどの壮観な景色があります。

DSC_0033_20141224205714df9.jpg

その名も「仙の岩」!

DSC_0034_20141224205716606.jpg

千年以上前から山岳仏教の修行場だったと言われています。
その昔インド僧の仙人が住んでいたことから「仙の岩」と言われます。

本耶馬渓の競秀峰と並び耶馬渓の代表的な風景として賞されます。

DSC_0865_201412242104188de.jpg

↑本耶馬渓 「競秀峰」

DSC_0036.jpg

↑「仙の岩」

どちらも見事な岩山の景色ですね。

県道を挟んで向かい側に駐車場と小さな公園があるので、ゆっくりと壮大な景色を堪能することもできます。

以上、大分県宇佐市から「仙の岩」の紹介でした!

名勝耶馬渓「仙の岩」

アクセス:宇佐別府道路安心院ICを降り、県道50号線を湯布院方面へ約10分。県道沿い左手に駐車場と公園あり。仙の岩



おススメ度:★★★☆☆
道沿いにあるので気軽に立ち寄れる。岩山がそびえる景色は壮観。

↓いつも応援ありがとうございます。励みになります(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

石橋の町 院内 ~鳥居橋~

大分県宇佐市院内町といえば、「石橋の町」!
町の南北を流れる恵良川とその支流に合計74基の石橋がかけられており、「日本一の石橋の町」と呼ばれることもあります(^.^)

そのうち今回紹介するのは恵良川の最も下流側にある「鳥居橋」です。

DSC_0053_20141223154359388.jpg

大正5年に架けられた五連アーチの橋です。かつてこの地域に甚大な被害を及ぼした巨大台風にも耐えたとても丈夫な橋です。

DSC_0060_20141223154402c4d.jpg

橋脚はとても細く、その姿から「石橋の貴婦人」と呼ばれているとか(?)

DSC_0063_201412231544034bd.jpg

上はアスファルトで補強され、普通に車が通ります。

DSC_0058_201412231544004d5.jpg

下流側に見えるのは日本でここだけしかない「三つ又の沈下橋」。2つの川の合流地点に架けられた橋で3つ又になっており非常に珍しいらしいです。。。が、ルートが分からず見に行けず。

以上、大分県宇佐市院内町から「鳥居橋」の紹介でした!

鳥居橋(県指定有形文化財)



アクセス:院内ICを降りて右折後すぐ

おススメ度:★★★☆☆

いつも応援ありがとうございます。励みになります(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

熊本ラーメン 桂花本店

本日紹介するのは、今では東京にも出店している有名な熊本ラーメン「桂花」の本店。

熊本の繁華街中央区の栄通り沿いにあります。

IMG_0268.jpg

上階にスナックが入る雑居ビルの一階に大きな看板があります。

中はカウンター席とテーブル席があり、結構広い。
saru山が注文したのは「桂花ラーメン」のセット。

IMG_0265_20141220131306f6f.jpg

これにチャーハンがつくのですが、チャーハンが来るのを待ちきれなかったので写っていません。。

ニンニクが結構効いていますがスープの味はそれほど濃くなく、飽きの来ない味です。
麺は同じとんこつベースの博多ラーメンに比べて、太麺です。

もう一人が注文したのは

IMG_0266_20141220131836564.jpg

太肉麺。豚肉三枚身の太肉とキャベツがどっさりと入ったちょっとがっつり系のラーメン。
太肉(ターロー)は、桂花の商標登録商品です。中国名っぽいですが、中国にはないとか。。
こちらも美味しかったようです。

ちなみにこの店の隣は

IMG_0264_20141220130747465.jpg

↑熊本出身のタレント スザンヌのお母さんが経営する「キャサリンズ BAR」。
合わせて訪れてみてはいかがでしょうか!?

以上、熊本ラーメン「桂花本店」の紹介でした。

アクセス:


市電「熊本城前」より徒歩5分。

おススメ度:★★★☆☆ ニンニクが良く効いたスープと熊本ラーメンに特徴的な太麺が魅力。とんこつスープも濃すぎないので、濃厚とんこつが苦手な人にもおススメ!

↓ブログランキングに参加しています。クリック頂けると管理人が喜びます(^.^)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : グルメ♪食の記録
ジャンル : 旅行

山村の中に五重塔~深見五重塔~

大分県宇佐市の安心院町(あじむまち)というところ。
畑やビニールハウスが並ぶ丘の上に突如現れる五重塔があります。
それが「深見五重塔」。九州では珍しい木造五重塔です。

IMG_0244.jpg

バスが停められるほど広い駐車場に車を停めることができます。
周りにはお土産屋や五重塔温泉なるものがありますが、すでに閉館しています。

果樹園の中を抜けていくと、早速見えてくるのが立派な五重塔。

DSC_0049_20141217200558e53.jpg

DSC_0039_20141217200554a13.jpg

↑堂々とそびえたつ朱色の立派な五重塔。
実は安心院町出身の糸永貞樹という方が故郷への感謝の念を込めて昭和48年に建立したものだそうです。

この周辺の風景は

IMG_0248.jpg

↑このような感じ(iphoneのパノラマ撮影)。後ろ側にはビニールハウスが立ち並びます。
山村風景の中に立つ五重塔、ちょっと不思議な光景です。

DSC_0042_20141217200556ad4.jpg

↑五重塔と並び立つ「平和観音」

DSC_0041_20141217201439a41.jpg

↑鐘は自由につくことができます。
実はこのお寺「定樹山大建寺」といって平安から鎌倉時代にかけて非常に栄えたお寺でしたが、今では「廃寺」のようです。でも管理がよく行き届いて廃寺という感じは全くしません。。

DSC_0047_20141217200556a78.jpg

↑立派な山門もあり、昔栄えたということが実感できますね!

以上、宇佐市安心院町の深見五重塔の紹介でした。

アクセス:安心院インターより車で15分。


おススメ度:★★★★☆
車がないとアクセスは困難だが、田舎の風景の中にある五重塔は珍しくおススメ!

↓いつも応援ありがとうございます。ポチッとお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

twitterはじめました(^.^)
更新情報、おススメ観光スポットの紹介、その他くだらないことをつぶやきます。お気軽にフォローください。
また、saru山が訪れたブログで気に入った記事等あればその記事をtweetで紹介させていただくこともあります。
ご了承ください。

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

熊本で馬刺し~菅乃屋~

ふなっしーほどではないですが、ゆるキャラの中でもかなりの知名度と人気を誇る「くまモン」、くまモンのふるさとの熊本名物といえば・・・
「馬刺し」です!

本日は熊本で馬刺しの美味しい「菅乃屋」という店を紹介します。



「菅乃屋」は熊本市内に数店舗ありますが、今回訪れたのは新市街という熊本の繁華街にある「菅乃屋ホルモン」という店。

IMG_0277.jpg

ここは希少な馬ホルモンを多くそろえる店で、通にも人気の店のようです。

落ち着いた雰囲気の店内は居心地が良い。

ここで注文したのは馬刺し5種盛り

IMG_0274.jpg

5種の色鮮やかな馬刺し(上馬刺しとか心臓とかたてがみとか)がもみじの葉を添えて出され見た目もきれいです。
これを生姜とねぎをつけて、醤油でいただく。
絶品です。お酒が欲しくなりますね(^.^)

この上馬刺しがとろけるようであまりに美味しく

IMG_0275_201412152124214bf.jpg

ついついもう一回頼んでしまうsaru山らでした!

他におススメなのはもつ鍋!馬肉のもつ鍋とか珍しい。
元祖!菅乃屋モツ醤油焚き(2100円)というものを頼みましたが(すみません写真なしです。。)、にんにくがほどよく効いた醤油ベースのだしに馬ホルモンがかなりたくさん入っていてとても美味しい。
それで、この値段は悪くないと思いました(^.^)

詳しいメニュー、写真等はHP菅乃屋ホルモン を。

以上、熊本の美味しい馬肉料理店「菅乃屋」の紹介でした。
地元の人もおススメする店ですので、熊本にお越しになる際迷ったらぜひここに来てみてください!

おススメ度:★★★★☆

↓ブログランキングに参加しています。ぽっちとしていただけたら嬉しいです(^^)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : グルメ♪食の記録
ジャンル : 旅行

宇佐の三滝~福貴野の滝~

多忙につき、更新が遅れました。。訪問頂いた方にはもうしわけありません。。
すっかり冬になり、急に寒くなりましたね。

今回紹介するのは大分県宇佐市の「福貴野の滝」。先日紹介した「西椎屋の滝」や「東椎屋の滝」(未紹介)と合わせて宇佐の三滝といわれています。

国道500号線から県道50号線に入り、のどかな田舎道を走ると右手に看板が見えます。そこから集落を通る細道を抜けて道なりに行くと駐車場です。(アクセスは後で紹介)

DSC_0021_20141213171829b6b.jpg

↑駐車場から渓流の横を通る道を10分ほど進めば滝壺です。

DSC_1004_20141213171843f2e.jpg

DSC_0003.jpg

↑高さ65mの落差の滝。「西椎屋の滝」に比べては小さいですが、近くで見れるのはかなりの迫力です!
真ん中で滝に打たれている岩が男梅のCMのキャラクターに見えてしまうのは私だけでしょうか!?
「雄滝」と「雌滝」の2つの筋がありますが、水量が少ないためかもう一本はあまり迫力がありませんね。。

この福貴野の滝、実は滝の裏側に行けると言われているらしく「裏見の滝」と言われているのですが、裏側に行くためにはつるつる滑る岩の上を歩く必要があり、かなり危ない。
saru山も挑戦しようとしたのですが、さすがに無理でした。暖かい時期に再チャレンジしたいものです。。

DSC_0018_2014121317182696a.jpg

↑結構間近で見ると迫力満点です!水しぶきでカメラが濡れるので注意!

DSC_0019_20141213171827fe4.jpg

↑この辺のつるつる岩を越えないと裏側には行けないみたいです。。

さて、この福貴野の滝、上から見渡せる絶景の展望スポットもあるのです。

県道50号線を湯布院方面にさらに道なりに行った右手に看板があり、駐車場があります。

DSC_0030.jpg

↑集落の怪しげな人形を横に見つつ、5分ほど歩きます。
このあたりに龍泉寺というお寺があったらしく、福貴野の滝は龍泉寺の滝とも言われます。

そしてこれが展望台からの景色(↓)

DSC_0028_201412131718300a3.jpg

しばらく展望台からながめていたいほどの景色です。
滝の音もここまで聞こえてきます。

以上、大分県宇佐市から「福貴野の滝」の紹介でした!

アクセス:宇佐別府道路安心院ICを下り、県道50号線に入り、20分程度。右手に看板有。集落の中に入る横道を道なりに10分ほど(離合できない細道が続くので注意)。

展望台:福貴野の滝から県道に戻り、湯布院方面へ5分ほど。右手に看板、駐車場有。



おススメ度:★★★★★ アクセスはそこそこ大変だが、滝壺まで行って巨大な滝を間近で見れるおススメスポット。夏にぜひ訪れたい。展望台からの景色もおススメ!!

↓いつも応援ありがとうございます。励みになります(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

大分耶馬渓 御霊のもみじ

昨年も紹介しましたが、大分中津市の耶馬渓に「御霊のもみじ」というあまり知られてはいないもみじの名所があります。



国道212号線を日田方面に進むと、中津南高等学校を越えたあたりにJAがあり、その先の細道を入って行ったところにあります。
昨年は看板だけでしたのに、今年に入って駐車場ができました!
それに伴って、見物客も増えたようで少し残念ですが。。。

DSC_0792_20141208211831780.jpg

↑立派な門も新しくできました。

DSC_0817.jpg

↑神社の拝殿へと続く石段沿いに自然のままのもみじや銀杏が生えています。
神社があるため、この周辺だけ伐採をまぬがれたとか。。

DSC_0799_20141208211833f8c.jpg

↑石段を全部上ったところにある小さな祠。

DSC_0816_2014120821183604a.jpg
DSC_0795_20141208211832d55.jpg

↑赤と黄色が混じります。訪れた時期が11月頭なので少し早かったかもしれません。。

DSC_0811_20141208211835b83.jpg

↑上を見上げると、赤、黄、緑。信号機みたいですね(^.^)

以上、大分県中津市の耶馬渓から御霊のもみじの紹介でした!

アクセス:中津駅から車で20分程度(駐車場あり。10台程度)。あるいはバスで大分交通バス「耶馬渓農協センター前」下車。徒歩5分。

おススメ度:★★★★☆ 耶馬渓で最後に色づくと言われるもみじの名所。もみじ納めに是非訪れたい。駐車場もできアクセスも便利になった。

↓いつも応援ありがとうございます。励みになります(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

日本一長い石橋~耶馬渓橋~

九州屈指の紅葉の名所、大分県中津市の耶馬渓、耶馬渓の中では特に本耶馬渓の「青の洞門」や「羅漢寺」「競秀峰」が有名ですが、本日紹介するのは青の洞門から少し下流に行ったところにある「耶馬渓橋」という石橋です。

DSC_0977_2014120517213653d.jpg

青の洞門などに比べて知名度は低いため、訪れる人はそれほど多くありませんが、実はこの石橋、日本一長い石橋なのです。

IMG_0231.jpg

また、八連アーチの石橋も日本でここだけとか。。

DSC_0985_201412051721397eb.jpg

1920(大正9)年11月から1923(大正12). 年3月にかけて架橋された橋でこれまでに、山国川の洪水によって何度も被害を受け、何度も修復されてきました。

DSC_0988_20141205172140d4a.jpg

↑上流側から。長さは116mもあるそうです。オランダ橋という異名も持ちます。

IMG_0232.jpg

↑上はアスファルトで補強され、普通に車が通れます。

DSC_0983_20141205172138b0e.jpg

↑このあたりは景色もいいのでおすすめです。この日は雨でしたので水はにごっています。。

以上、日本一長い石橋「耶馬渓橋」を紹介しました!

アクセス:JR日豊本線中津駅から車で20分。



おススメ度:★★★☆☆ 

↓いつも応援ありがとうございます。励みになります(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

晩秋の奥耶馬渓~念仏橋の景、魔林峡~

今回は前回に引き続き、中津市山国町の奥耶馬渓からです(^.^)
今回は奥耶馬渓の他の名勝、「念仏橋の景」と「魔林峡」の写真のアップです。

DSC_0949.jpg

猿飛甌穴郡から「念仏橋の景」までは歌碑ロード(↑)を歩いて5分ほどです。

DSC_0953_201411301642169d5.jpg

まだまだ残っていた赤もみじ(↑)や

DSC_0954_20141130164216c93.jpg

黄もみじを見ながら歩くと
たどり着くのが

DSC_0963_201411301642195fa.jpg

↑念仏橋。昭和3年に架けられた石橋です。すっかりあたりの木が落葉してしまって少しさびしげな様子です。
ただ渋さは際立っています。

DSC_0956.jpg

↑念仏橋の上から見る晩秋の光景。

ここからさらに2、3分歩くと、もう一つの名勝

DSC_0973_20141130164236ec2.jpg

魔林峡です。この渓谷を流れる山国川は雨が降ると濁流に変わり、昔から「怖い川」として恐れられたとか。。

以上、奥耶馬渓から「念仏橋の景」と「魔林峡」の紹介でした!

奥耶馬渓~「念仏橋の景」「魔林峡」


アクセス: 車で・・・中津・日田方面より: 国道212号線(日田往還)より、国道496号線(英彦山方面)に入り、車で10分程度。左手に看板有。無料駐車場あり。
公共交通機関で・・・JR中津駅→大交北部バス日田・守実温泉行きで1時間、バス停:守実下車、徒歩50分程度



おススメ度:★★★★☆ 念仏橋の景色は渋くておススメ!新緑、紅葉の時期共にすがすがしい気分になれる場所。

↓いつも応援ありがとうございます。励みになります(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

晩秋の奥耶馬渓~猿飛甌穴群~

すっかり寒くなり、冬っぽくなりましたね。もう12月です。

さて今回は以前紹介した、大分県中津市山国町の奥耶馬渓というところの写真を載せます(^.^)
国道212号線から国道496号線(英彦山方面)に入り、車で5分ほどで魔林峡の看板が、さらに進むと猿飛甌穴の看板が見えてきます。
今回は猿飛甌穴群の駐車場に車を停め、散策しました。

訪れた時はちょうど「やまくにかかしワールド」というイベントの最中で

DSC_0926_20141130150320b3d.jpg

駐車場横の刈取りの終わった田んぼにかかしが置かれていました。

DSC_0929_2014113015032292d.jpg

↑かかしで作った「こどもかぐら」。

さて、前回新緑の時期に見に行った甌穴群は

DSC_0931_20141130150323ada.jpg

↑がらりと変わっていて、晩秋の風景に!

DSC_0933_20141130150324ea9.jpg

↑長い年月をかけて削られてできた奇岩が、もみじの絨毯でおおわれています。

DSC_0940.jpg

↑山国川に映る景色がきれいなのでつい撮ってしまいます(^.^)

DSC_0943_20141130150335f7c.jpg

↑はっけん!

DSC_0944_201411301503371c0.jpg

↑おさるのがっこうですと!saru山も入れるかな。。遊び心がいいですね!

さて、ここの目玉は橋の上から見る甌穴群の景色(↓)

DSC_0946.jpg

夏の時期とはまた違ってきれいです。もっと早い時期でしたらもっときれいだったでしょうが・・・

以上、奥耶馬渓の猿飛甌穴郡からでした。
次回は同じく奥耶馬渓のほかの見どころを紹介します!
(地図やアクセスは次回掲載)

奥耶馬渓 猿飛甌穴郡

おススメ度:★★★★☆ とても珍しい甌穴郡と紅葉のコラボが魅力。本耶馬渓や深耶馬渓などに比べて訪れる人もそれほど多くない。10月下旬~11月下旬にはかかしワールドが開催され面白い。

↓いつも応援ありがとうございます。励みになります(*^_^*)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

saru山

Author:saru山
京都、九州を中心に観光地の写真をアップしていきます。
時に海外もあり、たまにグルメの紹介もあり(^.^)

愛機はNikon D5200

更新日時
しばらくの間は週1更新で続けていきます。 管理人の都合により、更新のタイミングが変わることがあります。
Twitter
ブログ用アカウントつくりました! 更新状況、おススメ観光スポット等紹介していきます。
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 blogramによるブログ分析 ポチっとお願いします (^^)
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。