スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の滝100選~西椎屋の滝~

今回はこの前紹介した宇佐のマチュピチュのある西椎屋周辺のもう一つの名所「西椎屋の滝」を紹介します(^.^)

宇佐のマチュピチュや西椎屋の集落から国道387号線を玖珠町方面に進むと途中で案内があります。
案内にしたがい、わき道を上るとかなり広い駐車場につきます。

IMG_0218.jpg

ここから第一展望台まではすぐです。

DSC_0902_20141129190559aa9.jpg

第一展望台からは滝の一部しか見えません。これではちょっと残念ですね。。
滝の近くまで行くにはちょっと険しめな道を下りていく必要があります。

IMG_0209.jpg

途中で階段になっていないところもありますので、足元に注意しつつ10分ほど進みます。

滝のすぐ近くにあるのが、第二展望台。ここからはようやく滝の全景が分かります。

DSC_0906_20141129190600222.jpg

落差86mもあり、その豪快さと美しさから西日本一の名瀑とも言われています。そして、この景色は名勝耶馬渓66景の一つとして昔から愛されてきました。
とはいえ、上流のダムの完成により水量が昔に比べて落ちたとか。。。昔の姿を見たかったものです。

DSC_0920_20141129190601345.jpg

↑滝壺の写真。

駐車場からはダムの景色も眺められます。

DSC_0921.jpg

DSC_0925.jpg

↑ダムの景色もなかなかですね!

以上、西椎屋の滝の紹介でした!次回は再び奥耶馬渓の写真を載せます。

アクセス:宇佐別府道路院内ICから降りて、国道367号線を玖珠方面へ約30分(宇佐市観光協会



見どころ:★★★☆☆ 落差86mの滝の眺めは一見の価値あり。滝壺まで降りられないのが残念。

↓応援クリックお願いします(^.^)

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰しておりますm(__)m

宇佐市を観光したことは殆どない私はさらに郊外の宇佐の
マチュピチュなるものも知りませんでした^^;
ドライブなどでたまたま遭遇すればその景色にはっとして
必ずクルマ停めて観賞するに違いない美景だと思いますね^^y

樹齢約1300年もの大銀杏!荘厳~!
西椎屋の滝!これはなかなかに絶景~!
日光の華厳の滝よりこっちの方が見応えありそうですね^0^

これはいつか帰省した際などには是非一日かけてクルマで
巡ってみたいものですわ^o^y

さて自分のブログの更新・・・何とか今週は
したいものですがww><

コマソンさんへ

こんにちは(^.^)

> 宇佐市を観光したことは殆どない私はさらに郊外の宇佐の
> マチュピチュなるものも知りませんでした^^;

残念なことに宇佐自体があまり知名度が高くないですもんね。
実は宇佐神宮という八幡宮の総本社があるところなのですが。。。
宇佐のマチュピチュは最近になって口コミで話題が広がったばかりです。
以前、テレビの全国放送で放送されたこともあり、最近は知る人もじわじわ増えてきているようですね。

> ドライブなどでたまたま遭遇すればその景色にはっとして
> 必ずクルマ停めて観賞するに違いない美景だと思いますね^^y

ドライブでたまたまきれいな景色を見つけると嬉しいですよね!
つい車を停めて、写真を撮りたくなりますね。
この景色は今では宇佐のマチュピチュとかいってすっかり名所になっていますが、偶然見つけてみたかったものですね。そしたら感動も違ったかも。

>
> 樹齢約1300年もの大銀杏!荘厳~!
> 西椎屋の滝!これはなかなかに絶景~!
> 日光の華厳の滝よりこっちの方が見応えありそうですね^0^

華厳の滝は行ったことがありませんが、立派な滝みたいですね!
そっちの方もいつか行ってみたいです。

>
> これはいつか帰省した際などには是非一日かけてクルマで
> 巡ってみたいものですわ^o^y

ぜひ行ってみてくださいね。あまり知られていませんが、宇佐市にはまだまだたくさん見どころがあるんですよ(^^)追って紹介していきますね!

>
> さて自分のブログの更新・・・何とか今週は
> したいものですがww><

更新楽しみにしていますよ。ご負担にならない程度に・・・

No title

険しい道を歩いた甲斐がありましたね。
すごい滝!
写真がいいんですね、音が聞こえてきそうです。

kikilalacafeさんへ

こんばんは(^.^)いつもありがとうございます。

> 険しい道を歩いた甲斐がありましたね。

下り道なので行きは足元に気を付ければいいだけですが、帰りの上りはなかなかきつかったですね。

> すごい滝!
> 写真がいいんですね、音が聞こえてきそうです。

ありがとうございます。滝壺に降りられないのは残念ですが、展望所からでも十分迫力があります。
水量がもっと多かった昔が気になります。。
プロフィール

saru山

Author:saru山
京都、九州を中心に観光地の写真をアップしていきます。
時に海外もあり、たまにグルメの紹介もあり(^.^)

愛機はNikon D5200

更新日時
しばらくの間は週1更新で続けていきます。 管理人の都合により、更新のタイミングが変わることがあります。
Twitter
ブログ用アカウントつくりました! 更新状況、おススメ観光スポット等紹介していきます。
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 blogramによるブログ分析 ポチっとお願いします (^^)
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。