スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年を振り返って~7月-12月~

今回は前回の続き、2014年の本ブログの総集編の後編(下半期編)です。
見覚えのある写真も多いかと思いますが、ご覧いただけると幸いです(^.^)

7月

「北九を好きになる旅」シリーズで北九州の観光名所を紹介しました。

DSC_0207_2014072420151017f.jpg

↑門司港レトロ地区の夜景。

DSC_0140_20140731173727d78.jpg

↑平尾台。千仏鍾乳洞は冒険気分になれる超おススメスポット。

8月

DSC_0233.jpg

↑九州屈指のパワースポット鹿児島の霧島神宮を紹介しました。

DSC_0352.jpg

↑どこまでも続く鳥居のトンネル。千本鳥居で知られる京都「伏見稲荷大社」を山頂まで紹介しました。

9月

DSC_0697_201409162341330fb.jpg

東京の新名所「東京スカイツリー」などを紹介しました。

10月

IMG_0054.jpg

↑台湾特集。千と千尋の世界に似ている町、九份は独特の雰囲気の漂う素敵な町でした!

11月 耶馬渓特集

DSC_0849_20141122191351c70.jpg

↑裏耶馬渓の「鶴が原」や

DSC_0874_20141124183655f3f.jpg

↑ひそかに話題の宇佐のマチュピチュは記憶に新しいかと思います。

12月 大分宇佐特集

あまり知名度は高くありませんが、全国4万の八幡宮の総本社「宇佐神宮」のある大分県宇佐市の知られざる観光スポットを紹介しました。

DSC_0018_2014121317182696a.jpg

↑落差65m勢いよく流れ落ちる滝。福貴野の滝

DSC_0042_20141217200556ad4.jpg

↑山村の中の廃寺に現れる五重塔「深見五重塔」など宇佐市には意外と見どころがたくさんありました。

以上、2014年の本ブログの一年の総集編でした!
2015年度もメジャー、マイナーに関わらず面白い観光スポット等を探して、紹介していきたいと思います。
今後とも本ブログを何卒よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

~管理人より~
いつも本ブログをご訪問いただきありがとうございます。
この度、よくコメントしていただいている方や応援いただいている方のブログを、分かる範囲で勝手ながらリンクに追加させていただきました。
不都合等ございましたら、その旨ご連絡いただければ幸いですm(__)m
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

記憶が鮮明

こんばんは。いつもお世話になっております。

北九を好きになる旅シリーズ、虎視眈々と狙う旅先ばかりで、ものすごく食いついておりました。昨年は熊野三昧だったので今年は他にも行かなくては。

今後とも末長くよろしくお願い申し上げます。

つねまるさんへ

こんばんは(^.^)

> こんばんは。いつもお世話になっております。

こちらこそいつもお世話になっております。

>
> 北九を好きになる旅シリーズ、虎視眈々と狙う旅先ばかりで、ものすごく食いついておりました。昨年は熊野三昧だったので今年は他にも行かなくては。

私は逆に熊野方面は行ったことがなく、一度はぜひ行ってみたいと思っておりますのでつねまるさんの記事大変興味深く読ませていただきました。
私の北九の記事もそう思っていただけたなら大変うれしく思います!

>
> 今後とも末長くよろしくお願い申し上げます。

こちらこそよろしくお願い致します!
プロフィール

saru山

Author:saru山
京都、九州を中心に観光地の写真をアップしていきます。
時に海外もあり、たまにグルメの紹介もあり(^.^)

愛機はNikon D5200

更新日時
しばらくの間は週1更新で続けていきます。 管理人の都合により、更新のタイミングが変わることがあります。
Twitter
ブログ用アカウントつくりました! 更新状況、おススメ観光スポット等紹介していきます。
ブログランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 blogramによるブログ分析 ポチっとお願いします (^^)
ブログランキング

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カウンター
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。